【ボーカロイドVOCALOID】400氏のVSQデータについて 【ピッチのゆらぎ】

400氏のVSQデータはいろんな意味で勉強になる。
VELの使い方、DYNの使い方など。

んでもってピッチの使い方だけれども、これもかなり勉強にさせてもらった。
ピッチに関しては、ちょっと参考までにメロダインの画像を見て欲しい。

Futomashi1


上の画像はメロダイン(Melodye)で歌のWAVを読み込んだもの。
歌ってるのは俺(笑

先般Zoomeに上げた「恋する乙女はふとましい」を作る際に浮かんだメロディーを録音してメロダインに読ませ、そこからmidiファイルに落としてミクに歌わせたものの原型。

・・・んな事はどうでもいいのだが、上の画像はそれぞれの音のピッチを表したもの。

重要な事は、俺が特段ビブラートなど意識しないで歌ったものでもひとつひとつの音に「ピッチのゆらぎ」があるということだ(「ピッチドリフト」というらしい)。400氏のデータはそれを意識して作られているのだと思う。

・・・って事で、ボカロに歌わせる時には、まず自分で歌ってみてそいつを録音し、メロダイン(別にメロダインでなくともJAMバンドのエラスティックでもいいんだろう)でピッチの揺らぎをみて、それをボカロエディタに写していけば、ピッチに関してはそれらしくなるんではないか?(VEL、DYNの問題もあるけど)

という仮説を立てて検証していくことにしよう。今日はこれまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)